~心が折れそうな就活に~転職・再就職のサプリメント

芸能人の迷言であなたの就職活動を応援します。

大泉洋:進む方向をなかなか決められない自分。

今回、転職でお悩みの30代のあなたに、大泉洋さんの言葉をプレゼントします。

f:id:hanak50kamoto:20170330092917j:plain

写真:TBS系スペシャルドラマ『LEADERS Ⅱ』|2017年3月26日放送  

【転職の相談】
自信が持てない私の転職活動。

現在30歳、転職活動中の白玉と申します。

書類選考も何社か通り、一次面接の企業さんもあって嬉しいことなのですが、自分は大した経歴もなく、これまでブラック企業ばかりに引っ掛かっていたので、書類が通っても「この私と面接するなんて変な会社に決まっている! 」と思ってしまい、本能的に企業さんとの間に壁を作り面接を受けても歩み寄れません。

 

働く気はあるのですが、不採用通知を受け取ると少し安心している自分がいます。自分に自信が持てればこんなことを思わずに済むのかもしれませんが、どうしても自信が持てません。アピールの弱い職務経歴書。緊張してしまう面接。美人とは言えない容姿。唯一言えることは、自分が歩んできた道に後悔はないことです。

 

新卒入社の会社を退職したこと、ワーホリビザで海外で遊んだこと、途中でフリーター期間があったりしましたが、特に後ろめたい理由があるわけではないのでそこに関しては堂々と事実を話します。ただ、世間から見ればマイナス要素。身から出た錆ですかね。自信持ってる人がとても羨ましいです。

自分をもっと大事にしたらいいのでしょうか?こんなウジウジとグダグダの内容ですみません。

自信がもてない私の転職活動 : キャリア・職場 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

【俳優名言】大泉洋

進む方向をなかなか決められない自分。

ORICOM NEWS インタビュー|2015年5月13日

北海道出身の大泉洋さん。

大学時代、北海道で放送されていたバラエティ番組『水曜どうでしょう』で北海道を代表するタレントとして思いもせず大ブレーク。その後上京し、フジテレビ系ドラマ『救命病棟24時』の出演などで全国的に知名度を上げることになります。今やドラマ、映画など多方面で才能を発揮しています。

 

2015年12月楽天リサーチ「結婚したいタレント部門」でなんと1位を獲得た大泉洋さん。しかも、2位 福山雅治 3位 ディーン・フジオカを抑えての1位獲得です。すごくないですか。理由は「家庭を明るくしてくれそうだから。」「家族思いっぽい。」といったコメントが並びました。未婚女性の理想は「大泉洋」?!「理想の結婚相手のイメージに近い有名人ランキング」

 

そんな一見あかるいキャラクターの大泉洋さんですが、意外にも自分の進む方向をなかなか決められないそうです。「大学時代になんとなくアルバイトでテレビに出るようになって、親から『あんた将来どうするの?』と聞かれても『そのとき考えるわ』って言いながらこのテレビの仕事を続けてきました。自分で、タレントとして生きていくと決めた瞬間がないんですよ。」とインタビューで答えています。流れに流されて、好感度の高い主演俳優になるのだからすごいですよね。

大泉洋インタビュー『弱々しい一面が似ている?』 | ORICON NEWS

 

【ひとこと言わせて】by花子

傷ものの「自分」という商品。

転職マニアの花子です。今回はネガティブモード転職についての話。

 

面接って何をする場なのでしょうか。『能力や人柄などを調べるために直接その人にあうこと』ですが、でもこれは企業側からみた面接。就職試験を受ける側からみた面接は、「自分」という商品を企業に売り込みに行く場です。質問主さんのように自分の不出来を責め続け、自分(商品)を「傷ものだ」と思い込んでいる方。売り込む前から「自分は傷もの」と諦めていたら誰も買ってくれない(雇ってくれない)でしょう。

 

さて本題です。今回の転職は正社員をねらっているように思われますが、正社員採用にこだわりますか。そうでなければ派遣社員という道も視野に入れてみてはどうでしょうか。

派遣社員であれば、ブラックということはありません。ピタピタ残業代がつきます。また人間関係がわずらわしかったり、職場環境が合わない場合も、派遣元にお願いして仕事を変えてもらえます。自分で都度都度、転職活動を行って自信を失うより、「自分にあった仕事を効率的に探せていい」と言う方もいます。

入る会社が全てブラック企業ということであれば、自分に見る目がないと割り切って、派遣会社を利用するのも1つの方法かと思います。大泉洋さんのように流されてみると、案外、あなたに合う仕事に出会えるかもしれませんね。

 

最後に、ネガティブな方に「大丈夫だよ。そんなことないよ。」というと「何が大丈夫なんだろう。」と強い違和感をもつという話を聞いたことがあります。

アスリートの方々のメンタルトレーニングでは呼吸法や瞑想などで自分の失敗するイメージを良いイメージに転換する手法がよく使われているそうです。またネガティブ思考の方にはゲン担ぎみたいなルーチンワークで日々を積み重ねると自信が生まれるそうです。

たとえば、右足から靴を履くとか、そんな単純なものでも効果があるようですので、まずはおためしあれ。

 

lifecareer.exblog.jp