働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

将来が不安なのは『人生のサンプル』がすくないから。

 

【将来の相談】
本当にやりたいことがみつからない。

すごく焦ります。

恵まれたことに、今なら何か始めればそれオンリーで打ち込める状況なのに、やりたいことがみつからない。何かになりたいんです。一つのことを極めたい。

目標が欲しいです。早くみつける秘訣とかありませんか?

やりたいことがみつからないまま時間だけが過ぎて行くのに耐えられません。すごく無駄だと感じます。今やるべきことってなんでしょう?

 

 

【ひとこと言わせて】by花子

知っている人生のサンプルが少ない。

転職マニアの花子です。

やりたいことを探している方に『仕事探しま表』をおすすめします。

f:id:hanak50kamoto:20170401210119j:plain

『仕事を探しま表』興味のあるテーマをいろいろな仕事から考えるツールです。
①真ん中に興味のあるテーマを書きます。
②周りのマスに「教える、考える、売る、つくる、管理、運ぶ、調べる、広める」と書きます。
③テーマからマスの分類を関連させて、イメージする職業を当てはめます。思いつかなければ、ネットを活用して調べてください。

大手会社の教育、企画、販売、製造、総務、物流、マーケティング、広報の組織をもとに『仕事探しま表』は考えられました。こうすることで1つのテーマから8個以上の職種が出てきます。この用紙をテーマに沿って数枚用意すれば、様々な職種を発見することが出来きるのです。

参考:Eテレ テストの花道 ニューベンゼミ|2017年3月27日放映|文部科学省教科調査官 長田徹 監修

 

私の息子が小学校を卒業する日、将来なりたい姿について1人一言ずつ発表しました。子どもたちが大声で口にした職業は、医者、獣医、弁護士、アイドル、芸人、公務員、サッカー選手、看護師、保育士、ユーチューバー、学校の先生。

 

私の住む山間部では、小学生たちが多種多様な業種の方々と交流する機会がほとんどありません。逆に考えると、小学生でもわかる職業ってこのぐらいの職種しかないのです。このように知っている人生のサンプルが少なければ、知らないのだからみつけようがないのです。まずは、世の中にある仕事を知れば、自分の興味のある仕事もみつけやすくなりますよ。

 

follow us in feedly