働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

円が縁を呼ぶ話。アンテナを張ろう

 アラフィフ世代の花子です。

己を信じる

「己を信じる」に至る時に、大切だと思うことは、自分のアンテナの感度をよくすることだと思います。

f:id:hanak50kamoto:20180706124053j:plain

アンテナを張って挑戦する。

 

例えば競馬。出馬表やオッズ、人気順位、馬や騎手などの情報を細かく細かくチェックして、競馬新聞に真剣に目を通しながらえんぴつナメナメ。そして自分の分析力と感を信じて「この馬が来る!」と、馬券を買うのではありませんか? (花子はギャンブルをした事がないのでトンチンカンなことを言っていたら、競馬ファンのみなさん、ごめんなさい。)  何の情報もなく闇雲に目当ての馬に、数万円も掛けれないでしょう。当たれば嬉しいし、ハズレても、自分が一生懸命に考えたのだから納得でしょう。

 

 

就職活動で「己を信じるため」には、普段から自分の興味関心の対象は何かを探ったり、求人情報を日々チェックして最近の求人の傾向を感じていたり、自分の希望する職種の給与相場を知ったり、就活アンテナの感度を高めておく必要があるでしょう。

 

質問主さんが『やってみたい仕事』に就けたのも、普段からアンテナを張っていろいろな情報を引っ掛けていたから。たまたまその仕事の情報を受信して、ご縁に至ったのだと思います。 常に自分のアンテナは、感度を良くしておかないと己を信じるて前に進もうとしても、「よしっ!」と、瞬時に動けないものです。

 

40代は、新たな分野を経験するにはかなり勇気のいるお年頃ですが『己を信じて前に進め』ば、縁が円を呼んでくるでしょう。まずは、一歩踏み出す質問主さん。ダブルワークになりますで、お体には十分気を付けてくださいね。応援しております。

 

follow us in feedly