働くこと、時々、生きていくことを考える。

おもに働くことを記事にしています。なかなか決まらない就活も芸能情報で応援しています。健康のことや雑記もあります。

加藤和也:俺、980万だったら出してもいいな。この人なら。

【仕事のお悩み】なぜ、働かないといけないのでしょうか?

なぜ、働かないといけないのでしょうか?

日本の半分は生きるのには不要なサービス業ですし、パソコンやインターネットも出てきて、人手不要になってきた。なぜ、働かないといけないのでしょうか?| 教えて!goo 

 

【実業家】加藤和也/株式会社ひばりプロダクション代表取締役社長

     

f:id:hanak50kamoto:20170527084748j:plain

【名言】俺、出してもいいなこの人なら。980万だったら。

 日テレ系バラエティー番組「マネーの虎2003年放送/写真引用:【マネーの虎】パスタ屋のその後 - YouTube

 

加藤和也さん。美空ひばりさんが溺愛した長男。と、いいましても養子ですけれども。いまから15年ほど前、『マネーの虎』という伝説のテレビ番組がありまして。簡単な概要はこちら。

志願者による自分がやりたい事業や、願望を抱く夢に関するプレゼンテーションに対して、「マネーの虎」と呼ばれる大物起業家達が、自腹で現金を出資するか否かの判断を下す。虎達の出資予定額の合計が、志願者の希望金額に到達すれば「マネー成立」となり、志願者は虎達からの出資金を獲得できる。 ¥マネーの虎 - Wikipedia

 

まあ。すごい番組でした。加藤和也さんは、この番組のレギュラー的大物企業家で、1000万規模の額をポンと出資してました。私の当時のイメージとしては、「美空ひばりの息子、加藤和也は、たいして働きもせず、ひばりさんの資産で生きているのに、人にお金パッパッとくれて、なんて奴だ!。」と思って番組を見ていました。

 

しかし、15年たった現在、『マネーの虎』に出演されていた大物企業家のほどんどが多額の負債を抱え事業を失敗した中、ほんの一握りの勝ち組、敏腕実業家として加藤和也さんは成功されています。『マネーの虎』では、当時44歳無職の男の話に5分で980万で即決出資して会場を驚かせた加藤さん。しかし、現在その男は茅ヶ崎でパスタ店オーナーとして大成功しています。15年たった今、「加藤和也さんの人を見抜く目がすごい」とひそかなブームになってます。

番組終了から10年…「マネーの虎」出演者の現在が大逆転しまくってた - NAVER まとめ

 

高校中退して16歳で『ひばりプロダクション』の副社長となった加藤さん。資産でゆうゆうと生きていらっしゃるのかと思ったら、ほんとうに凄い実業家だったのですね。現在でもひばりプロダクションの社長として、今も熱心なひばりファンに対して様々な企画・運営を行っています。

 

【ひとこと言わせて】 ”貧乏地獄”と”金持ちの誤算”

 

転職マニアの花子です。
日本国憲法第27条にも、勤労の義務というのがあり「第二十七条  すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。」と書かれていて・・・・。と、いうお説教が、この質問のリンク元にはたくさん書いてあります。

話は、ずれますが転職マニアは花子の体験談をお話させてもらいます。

■貧乏地獄の話

今から20年前、学生だっだころ消費者金融武富士」でバイトをしたことがあります。保証人なし、職なしでお金が借りれるということが斬新で大々的な広告がされていました。当時はグレーゾーン金利全盛の頃グレーゾーン金利 - Wikipedia上限金利29.1%。すごく恐ろしい時代でしたが、バブルだったので、借りてもすぐ返せる風潮がありました。

 

ティッシュ配りのバイトの私に「すぐ金借りれるんだよね。」とよく声をかけられました。ミナミの帝王の実写版が流行っていた時代です。月末には、キャッシュコーナーに20人くらいの列ができているんです。

「10万を借りて月々12000円を返金、その内、4000円が利子だ。」と、事務所の人に教えてもらって、ゾッとしたのを覚えています。私は、計算が弱いのでこの額と利子があっているか、ちょっとわかりませんけど。

 

その後、バブルが崩壊し、武富士放火事件が起きました。私は、社会人となって地元に戻っていたので武富士には、もう、いませんでした。しかし衝撃的でした。「収入がない」って恐ろしいです。ちょっとお金を借りたら、借金地獄から一生抜け出せません。健康なら働いて収入を得ましょう。

matome.naver.jp

 

■金持ちの誤算の話

ヤバい反社会的な会社に去年1ヶ月だけ働いてしまいました。入社して1週間で退職届を出しましました。その会社は預託金法違反の疑いで、現在、行政処分を受けています。ハローワークの求人票には『詐欺集団の会社です』っては書かれていませんものね。手口は・・・こちらと同様。

今の時代、銀行金利0.001%の時代。昔の高金利時代を知っているお年寄りたちは、「金利1.8%で毎月入ってくるよ。」というと信じてしまう人結構いるんです。実際、こんな田舎でも、農家のばあちゃんが1億とか預けてます。こわいです。絶対1人では行動できない会社だったから「だまされてますよ。」と顧客に教えてあげられなかったけど・・・。「財産を寝かせるよりは・・・。」資産のある方は、考えるようですがあきらかにその考えは誤算です。

 

まだ山辺容疑者のようになっていませんが、いずれこの会社も実態が暴かれて、日本を騒がす大ごとになると思います。

http://syohisya.blogspot.jp/2017/03/blog-post_55.html?m=1

 

質問主さん。日本は会社に所属していないと、「働いている」と公言するのに少し抵抗がある社会ですね。会社に所属することは、自分の所有する時間と労働力を会社に切り売りすることです。それ以外、収入を得る方法もきっとあります。

 

たとえば、

資産に働いてもらう方法。俗に言う不労所得
・投資(不動産/信託などなど)
アフィリエイト/ユーチューバー

他の人に働いてもらう方法。
ネットワークビジネス代理店

転売
・セドリ師

こわい会社をいろいろ見てきた花子としては、会社に属さなくてもいいので、どうにかして収入を得る方法があった方がいいのではと、思います。