働くこと、時々、生きていくことを考える。

おもに働くことを記事にしています。なかなか決まらない就活も芸能情報で応援しています。健康のことや雑記もあります。

広瀬すず:どうして生まれてから大人になったとき、照明さんになろうと思ったんだろう。

【仕事のお悩み】私は19歳フリーターです。

私は19歳フリーターです。
つい昨日学校の勉強についていけず退学しました。これから何をしようという目標もなく、ただ漠然と絵を描いてみたいと思っています。絵を描いてみたいといっても今まで美術部に入っていたわけでもないし描く絵もお粗末なものです。ただ興味が少しあるというだけなので絵の学校に行ったとしても続けられるか心配です。

他にやりたい事も思いつかないのでどうしようか迷っています。美術の学校にいく人は絵が本当に好きだから行くのですよね?美術の学校にいくのには絵がある程度上手くなければいけないのですか?
趣味・教育・教養 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

【女優】広瀬すず写真引用:恋するレオパレスのCM|レオパレス21

f:id:hanak50kamoto:20170528205141j:plain

【炎上名言】どうして生まれてから大人になったとき、照明さんになろうと思ったんだろう。

 フジテレビ系バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした2015年6月18日放送

「広瀬すず 謝罪」の画像検索結果

「広瀬すず 謝罪」の画像検索結果

「広瀬すず 謝罪」の画像検索結果

 

発端は2015年6月18日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「食わず嫌い王決定戦」のコーナーでの発言。

 

 自身の性格について広瀬が「すごいドライなんです。結構冷めてて、イルミネーションとか夜景に興味がない」と明かすと、石橋貴明(53)に「テレビ局の照明さんを見るとどう思うの?」と聞かれ、「どうして生まれてから大人になったとき、照明さんになろうと思ったんだろう」とコメント。

 

「(音声が持つ)マイクもすっごい腕疲れるのに、何で自分の人生を女優さんの声を録ることにかけてるんだろうと。きっと大人になって年齢重ねると共に『本当に棒を……声を録るだけでいいの?』って」と“持論”を展開。その後も「ロケバスさんも運転して寝て……どうして運転しようと思ったんだろう」などと真っすぐな瞳で語った。

【大炎上】広瀬すず 炎上→謝罪→さらに炎上 - NAVER まとめ 

 

ドラマにCMに大活躍の広瀬すずさん。彼女が17歳のときの発言で、スタッフ軽視と大バッシングされる事態となりました。

 

ちょうど、彼女が大学進学ではなく、「女優として生きていく!」と決めていた時期。だからこそ「いろんな『仕事の役』を経験するかもしれない。その時にどんな気持ちで働いているか知りたい。」と役作りの素朴な疑問の表れだったのではないのかなと、私は想像していましたが。

 

広瀬すずさんは女優として『華』ありますよね。いちファンの私としては、どんどんいろんな役を経験して欲しいと思います。それと、40代くらいになっても変わらず活躍する広末涼子さんとか内田有紀さんみたいな女優さんに成長してほしいなぁと期待しています。

広瀬すずさんファンの皆さん。この話をぶり返してごめんなさい。 

 

【ひとこと言わせて】 興味をもって一歩ふみだせば、世界がかわる。

 

転職マニアの花子です。

「(美術以外)他にやりたい事も思いつかないのでどうしようか迷っています。」という発言について考えてみたいです。

 

 

転職マニアになる以前、20歳のころの私は、視野が狭い人間でした。広瀬すずさんの発言ではないですが「美大に行って、芸術でご飯が食えると思っているのかしら?」と考えたりしていました。

 

転職していくうちに、美術大学卒の人材を多く採用する会社にも働きました。

デザインってすごいです。パッケージが変われば販売量がかわります。ポスターやカタログがカッコいいと購買意欲を掻き立てます。その上、今やユーチューブでCMがヒットすれば、多方面から取材も来るし、問い合わせの電話も増えます。

美術の大学も、絵を描いているだけでなく、商品企画から製作、広報、販売ルートの確保までの商品トータルプロデュースを学べる美術大学もあります。

 

そこで、質問主さん。「何のために美術の学校にいくのか」という部分では、「学校卒業後、学んだ美術学をどう換金させるか」をイメージして大学選びや学部選びをされた方が夢や目的をもって美術を学べるのではないでしょうか。

広瀬すずさんのように好奇心をもって、質問主さんも、いろんな仕事についていっぱい興味と疑問を持って欲しいなぁと私は思います。

 

質問主さん。学校に行くと決断されるのもいいかと思いますが、やりたいことがないのであればスーパーかドラッグストア、コンビになどでバイトをされてみてはいかがですか。

 

手書きPOPを書いたり、プロモーションディスプレイを手がけたりできますよ。

ほんとにすごいんです。今まで売れ行きがイマイチだった日焼け止めが、手書きPOPとディスプレイで、飛ぶように売れたりするんです。

自分が手がけた物で、売上げが上がるってテンションが上がりますよ。

 

他にも、地元の絵画サークルに参加して展示会を一緒に開催したり、NPOが企画する『デザイナーと町おこしワークショップ』に参加したり。最近、絵や芸術とコミュニティをコラボする活動が、盛んに行われていますので、そういうのも活用するのもいいでしょう。

 

質問主さん。興味を持って一歩ふみだせば、世界は変わります。景色が変わります。とりあえず、進学だけにこだわらず、バイトするなり、なにか動いてみては。