働くこと、時々、生きていくことを考える。

おもに働くことを記事にしています。なかなか決まらない就活も芸能情報で応援しています。健康のことや雑記もあります。

りゅうちぇる:自分って何なんだろう。

【仕事のお悩み】あぁ、仕事に行きたくない。

仕事に行きたくなるコツ、何かありませんか?毎朝、毎日、憂鬱です。みんな何を考えて、どんな思いで仕事へ行き、仕事に臨んでいますか?

あぁ、仕事に行きたくない… -  教えて!goo

 

~仕事に行きたくない・過去の記事~

 

 お仕事でお悩みのあなたにりゅうちぇるさんの言葉をプレゼントします。

【タレント】りゅうちぇる|写真引用: | 芸能レジスタンス

        

f:id:hanak50kamoto:20170605221032j:plain

 

【りゅうちぇる言葉】自分って何なんだろう…。

フジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」2017年6月4日放送 

 

原宿系ファッションのカリスマ、りゅうちぇるさん。テレビでは少しぶっ飛んでいるように見えますが、仕事のスタイルについて6月4日放送の『ボクらの時代』で心の内を明かしました。

タレント、りゅうちぇる(21)が4日、フジテレビ系「ボクらの時代」(日曜前7・0)に出演し、バラエティー番組での“こだわり”を明かした。~中略~ 

その中で「バラエティー出て、『いつもよりももっとバカっぽくしてほしいです』とかすごい嫌だったもん」と告白。過剰な“おバカキャラ”を求める番組制作側の注文は「絶対やらない」と言い、「それをして消えるくらいだったら消えたいと思う。そんな合わせてまで…」と心中を吐露した

~中略~ 自分を大事にする今のスタイルを貫いたほうが良いのかなって」と持論を展開した。

りゅうちぇる、番組での“もっとバカっぽく”注文「すごい嫌だった」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

 また多忙すぎるスケジュールの中で、心のバランスを崩していた時期があったことも暴露しています。

「ずっと休みがなくて、季節がわからなくなってた。」
「スタジオとお家を行ったり来たりみたいな感じで。自分って何なんだろうみたいな時期があって。ヤバい。季節もわかんないし、自分、今、何を楽しんで…いるんだろう。」

f:id:hanak50kamoto:20170605103228j:plain

f:id:hanak50kamoto:20170605103319j:plain

タレントでお声がかからないものつらいけど、売れっ子過ぎて、自分を見失うのも、結構きついでしょうね。

 

【ひとこと言わせて】分相応の役職で働こう。

 

出社拒否症の経験者、転職マニアの花子です。

 

いろいろ乗り越えて今や快適に仕事をしていますので、今日は役割分担の話をさせてもらいます。(ごめんなさい。「人間関係がこじれて行きたくない」の話は置いておきます。)

 

会社員と呼ばれる人の仕事の役割分担。

➀大将(社長) → 10年から20年後を見据えてビジョンを掲げる。

②参謀 → ビジョンに向かって戦略、作戦を立て実行する。中間管理職。

③兵隊 → 方針目標に向かって、手と体を動かす。

この中のどれに向いているか、自分の特質を知ることが大事だと思います。私は、断然③兵隊さんです。「言われればやります。できる限り努力するタイプです。」

 

前の会社で、「女性の管理職がいないから女性管理職の割合を上げたい。」という陰謀で、なぜか私が部門長になってしまいました。

 

お金の管理なんて、子供会の決算ぐらいで、全くやったことがないのに…年間予算やら売上やら予測やら。チンプンカンプン。

スケジュール管理の進捗管理なんて、無理無理。「千里の道も一歩より」って言葉はあるけれど、納期もあるからコツコツなんて言ってられない。

部下をつけてもらっても、人にどうやって仕事を振ればいいのかわからない。しかも指導の仕方がわからない。

 

兵隊から参謀になるには、経験と努力なんて言う人もいるかも知れないけど。私が思うにそもそも兵隊と参謀は人種が違う気がします。参謀は、社長になれるかもしれないけど。でも社長は、参謀とはまた違った素質も必要な気がします。

 

要は、参謀のようなロジカルシンキングができない人は、兵隊から出世しないほうが幸せなんじゃないかと思うのです。しかも、月5000円くらいの役職手当で、人より早く出勤して、会議資料に目を通して…とか、マジむりです。

 

この時は、私のストレスが原因で、離婚の危機にまで発展する家庭不和を勃発。ギリギリ限界が来て、身も心もボロボロの廃人寸前になりました。だから会社に懇願して役職を下してもらいました。

 

私は、自分が企画した案が通るより、与えられた仕事をコツコツこなして、

「昨日できなかったことが、今日は少しカンが掴めるようになった。」と日々のそんなのが喜びなんです。こんな経験をしたので、今は責任が押し寄せてこないパートという身分で働いています。分相応で働く。。。結構、大切なことだと思います。

 

 でもでも、快適に私が働く『レジ打ちパートの仕事』。どなたかわからない偉い人が「10年後にレジ打ちの仕事が消える」と宣言したらしいのです。定年がなくて、しかも残業手当が1分単位で支給される気楽な仕事をやっと見つけたのに・・・。

 

わが人生、人生不安が尽きないものです。 (-_-;)トホホ

t

芸能人