働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

大変!ADHDの専門医に診断もらうのが。

10年前『ADHDとは』を知る。

最近、発達障害がNHKテレビで取り上げられています。

 

ADHD(注意力欠陥多動症)という言葉を知ったのは、今から10年前。コンビニに売られていた1冊の本との出会いからでした。

 

お片づけセラピー  (宝島社文庫)

お片づけセラピー (宝島社文庫)

 

 ざっくりとした内容

・「ADHD」という脳のクセを知ろう。
・部屋が片づかない。
・遅刻しやすい。
・忘れ物や失くし物をしやすい。
・段取りや効率を考えるのが苦手。

 

これらの奇行は私そのもの。本を読み進むうち「自分はADHDかも…」と疑いはじめました。

 

この本に出合ったときは、衝撃的というか、腑に落ちたという表現が一番合うかもしれません。

 

———————————————————-

ADHDなのか?はっきりさせる。

私は、通院までして治療する必要性に迫られなかったため、ADHDではないかと疑ってから10年、病院で診察や治療をしようなんてまったく、これっぽっちも考えませんでした。診断してもらうのにも、お金と時間がかかりますから。

 

発達障害体験のブログや、Facebookで発達障害のサークル投稿をよく見るけど、 社会生活がなかなかうまくいかないみたいで。2次障害のウツとか統合失調症とか発症されてる方がけっこういるのかなぁ発言が超ネガティブな方が多いです。

 

そういう方は、自分の苦しみの原因を突き止めたくて、精神科に通って発達障害の検査して、社会生活トレーニングや就労支援を受けるためにも、キチンとした診断結果が必要になるのだと思います。

 

NHKあさイチで発達障害の特番を見ていて「あっ。これ私のことだ。」と思ったときも…。

インターネット上の『ADHDセルフチェック』をやってパーフェクトスコアを叩き出した時も…。

 

私自身、転職は繰り返しているものの、仕事は常にあったし、家庭生活もまずまず円満だし。ADHDの特性で何か不自由しているわけでもなかったから、精神科に通院しようとは、思わなかったのかもしれません。

 

しかし45歳で衝撃の言葉を店長から言われました。

「あなたは賞味期限のチェック漏れなど、ミスがとてつもなく多い。そのミスは店の信用問題になりかねない事態です。

 大変失礼かもしれないけど…、あなたはそういう障害なのではないかと…。一度、病院で診察してもらった方が、店としてもアナタの得意分野を活かした適正配置を考えやすくなるんだけど。」

 

ほんとうにこの言葉、衝撃的でした。

 

人権侵害にもなりかねないこの発言、この店長、よく口にしたなぁと、今振り返ると感心してしまします。

 

多分、私が登録販売者の資格保持者だったから店側もクビにしないで、障害有無を明確にするよう求めたのだと思います。こんな田舎だと資格者がなかなかいないし、資格者がいないと店が回らないという事情がありますから。

 

—————————————————————

専門医、人気過ぎて予約が取れない

 

言われた通り、勇気を出して病院に電話したけれど、精神科の予約電話が繋がらない状況。

やっと繋がったら、発達障害の専門医の予約はかなり先まで埋まっているようで、予約が取れたのは3か月先でした。

 

専門医の受診では、医師から子供のころから今までのヒアリングを受けたり、臨床心理士によるテスト?みたいなものもうけました。

 

ヒアリング、家族アンケート、テストみたいなもの等、検査に3回通院した。

それだけで2か月くらいかかりました。

 

ようやくその1か月後、

ADHDであるお墨付きを頂くに至りました。(診断書を書いてもらうのにプラス3週間)

 

会社には口頭でADHD診断を伝えましたが、初診からまだ6か月経過していないので、精神障害者保険福祉手帳の取得まで、まだ至っていません。

 

長い。結構ながい。

病院に行こうと決めてから、もう、9か月くらい経っているんですけどね。

 

—————————————————————

今後、ブログで書きたいこと。

   ・ADHDの薬物療法と治療について。

   ・薬物療法の副作用で8キロ痩せた。

   ・定職がある人は社会生活トレーニングが受けられない。

    ・いままでの忘れ物で、ヤバイものベスト10

    ・障害者雇用枠で働くか、一般枠で働くか。

    ・奇人か、天才か、幼少期の話。

    ・サザエさんは私と同類ではないのか?

    ・ADHDはダメ人間に非ず、突出した才能。

 

書きたいことは、いっぱいあるのに、考えがまとまらない。それがADHDの一番の特性かもしれないです。

 

 

   

 

 

 

 

 

 

follow us in feedly