働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

パートは副業禁止されてないからダブルワークしてみた話。

転職&副業マニアの花子(@a10hon51)です。今回は、ダブルワークの相談。

ダブルワークはきついの?

【相談】訳あって、ダブルワークをしようと考えてます。


①週4日勤務の4時間働き
②週5日勤務の7時間働き

このダブルワークで仕事をしようと考えてるのですが、やはりキツイでしょうか?

 

f:id:hanak50kamoto:20180709000103j:plain

私の息子は、この春、高校を卒業しました。

 

同級生のママたちとお会いすると、都会に進学したお子さんの近況と、お金の工面の話になります。

 

「進学させたのはいいけど、想定していた以上にお金が飛んでって…。パートの時間を増やしてもらうか、もう1つ別の仕事をしようかな。」これが決まり文句。

 

「そうなんだ~。」と聞きながら、あえて、ママ友には公言しませんけど、実は花子はダブルワークをしています。

 

 

過去記事:~転職マニア&副業マニアになったきっかけ~プロフィール

私は、現在ドラックストアの登録販売者(研修中)として、週40時間の夜勤専属で働いていますが、夜勤専属なので、昼間に時間があります。

 

なので、ダブルワーク(以下、Wワーク)しています。

 

パソコンのインストラクター(Microsoft office専門)のアシスタントとして、月15時間以内で働いています。←税金対策で年間20万円以内で。

 

ここでは、細く長く、雇用していただいているので、もう7年くらいになります。

 

 

ダブルワークのリスクは?

Wワーク経験者としてお話させていただきますが、安易にお金を得るためにWワークを始めるのは、体力的にも時間的にもキツイです。あまりお勧めしません。

 

考えられるリスク
(1)体力的疲労。
(2)時間的制約。
(3)税対策が面倒。 

体力的疲労

体力的に、結構つかれます

 

時間がなくて食事ができなかったり、寝る時間が極端に減ったり、自分の体を犠牲にすることもあるでしょう。


ここで怖いのが、疲れるとミスが増えやすくなること。そして事故も起きやすくなります。

 

ミスが続き、お客様にご迷惑をかけるような事故が起きれば、会社からの信用がなくなるリスクがあります。

 

時間的制約

時間管理がかなり難しいです。

 

例)1日に2箇所で働く場合

①シフトの希望が通らなかった場合、勤務がダブルブッキングする恐れがあります。

 

②仕事の時間に間に合わない。
なにか重大なミスを起こした場合など、稀に残業が発生すると、もう大変。

 

別のバイト先に行けなくなるとか、雇い先に大迷惑かけるリスクが発生します。

 

③タイムカードに付かない無駄な時間が発生します。”業務以外の業務”が2箇所で発生し、私の場合1時間半くらいの無駄。

 

出勤前の準備の時間(15分×2社)
朝礼(5分×2社)
就業後の後片付け(15分×2社)
通勤 A社からB社(20分)

 

社会保険と税対策が面倒

たとえば2社から社会保険料をかけられた場合は、社会保険事務所に自分で行っていろいろ手続きが必要になります。

 

また、平成29年からマイナンバー制度が導入されましたので、副収入のごまかし…隠ぺい?が出来ない仕組みになりました。もともと誤魔化しは犯罪ですけど。

 

税金についても勉強されてから、Wワークをするのが懸命でしょう。そうしないとビックリするような納付書が、自宅に送られてきますよ。

 

過去記事:~退職すると我が家に税金の納付書がやってくる~ 

 

田舎Wワークの限界値

私の住む地方で
Wワークするには限界があります。
(県最低賃金728円:居酒屋の平均時給800円)

 

収入金額の例です。
メインバイト800円×8時間×20日
=128,000円(勤務160時間)
サブバイト 800円×3時間×12日
=  28,000円(勤務 36時間)


総所得156,000円

 

なんとそこから健康保険料/介護保険/雇用保険26,000円が差引かれ、手取り13万。朝から夜遅くまで働いてこの金額!!! 

 
「はたらけど猶わが生活楽にならざり」石川啄木になった気分です。

 

できるならば、Wワークをしない方法を模索しましょう。

 

正社員を目指せれば一番得策なのですが…。難しければ、今の仕事先で4時間労働から8時間労働に変更してもらってはいかがでしょうか。

 

 過去記事:~田舎でダブルワークをしてもワーキングプアな現実~

 

どうしてもダブルワークしたい

どうしてもWワークをしたいのであれば、1箇所は友達の紹介などコネで入社できるところがベスト

 

知り合いの代行業を手伝うとか、親戚が経営する塾の丸付けとか…。自分の融通が利きやすい環境で働けたら、Wワークも成功しやすいでしょう。

 

ダブルワークは体が資本

以前、強烈な風邪に見舞われて、2日間寝込んでしまいました。病欠とWワークについて考えさせられたことを書いてみます。

 

①病欠の損失。メインのパート。


時給820円×8時間=6,560円の2日。

 

13,200円も風邪のせいで失ったのです。あぁ。正社員だったなら『欠勤届』1枚ですんだのに悔しい。

 

②ダブルワークは病欠のリスク分散にはならないです。私は基本、夜勤専門で働いています。夜勤ですので出勤は午後からになります。

 

午前中、お声がかかるとパソコンスクールのアシスタントとしてバイトをしています。

 

実はその日は、バイトが入っていたのに、体調不調でお断りをしてしまいました。

 

800円×3時間=2,400円損失


ついでに病院と薬代3,300円。合計18,900円の損失。痛い。これは痛恨のミスといえるでしょう。

f:id:hanak50kamoto:20180709102305j:plain

まとめ

 

①ダブルワークしない選択。今はたらいしている仕事で、出勤日数や勤務時間を増やしてもらえるように、会社と交渉してはどうでしょうか。

 

②ダブルワークをする選択。ダブルワーク先は、できれば、コネ入社で融通が利くところで働きましょう。

 

③ダブルワークは、体調管理だけは万全にしないと、あたりまえなのですが収入が減ります。心しましょう。

 

以上が副業マニア花子の経験談です。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

※この記事は2017年06月19日の記事をリライトしました。現在、福島県の最低賃金は、平成30年10月より、772円に改定されています。

follow us in feedly