働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

コトは人より早くおこせ!収入の基本話

副業マニア花子(@a10hon51)です。

 

昨日、公民館の生涯学習指導員と打ち合わせをしてきました。

 

10月の『PPバンドのカゴバックつくり講座』で私が講師をします。その下打ち合わせです。

  

↓↓下手の横好き作品。

 

f:id:hanak50kamoto:20180804222218j:image

 

依頼がくるのはありがたい。

過去記事:~70歳まで働き続けたい。いまから何をすればいいですか~

 ↓↓上記の記事より抜粋

セミナー講師・・・花子はたまにこれをやってます。~中略~

私の場合は、公民館や福祉センター主催の講座なので、かなり高額です。2時間8000円くらいです。ちなみに花子は布ぞうり作りやカゴバック作りのご指導させてもらってます。

 

実際は2時間、5000円~8000円くらいかな。年に1度は講師依頼がきます。ありがたいです。

 

最近は、ブログに注力しているから、なかなか作品つくれていないのが悲しいです。 

 

不器用だけど、ちょっとずつ、たまに作品をつくり続けています。モノを作っていると心が癒されるんです。

 モノつくりのきっかけ

私自身、公民館の生涯学習指導員の非常勤職員として、働いていたことがあります。

 

モノつくり講座などを開催をするのですが、赴任したのが、限界集落。覚えのいい人もいれば、覚えの悪い人もいます。

 

そのため私たち指導員は、事前に講師からレクチャーをしてもらい、模擬講座を実施します。講座本番で落ちこぼれる人や挫折する人が出ないように、ある程度モノつくり工程を覚える必要がありました。

 

限界集落なので、講座には毎回同じような顔ぶれが集まります。

 

公民館指導員によって、講座の組み立て方が違うのですが、私の場合、任期の3年間、同じ時期に前年と同じ講座を実施しました。ただ違うことは、去年より少し、レベルを上げること。

 

前回、みんなに協力してもらい、やっと完成した人も、もう一度挑戦できるし、サクサクと出来る人はその上のステップを学べます。

 

できない人のフォローをしているうちに、さすがに不器用な私でも、カゴつくりや、草履つくりを習得することができました。

 

3年目のモノつくり講座では、文化祭の即売会への出店を目標にしました。講座に参加するジーちゃん、バーちゃん。家で、本気でカゴやぞうりをいっぱい作って、一生懸命に販売しました。

 

↓過去のFacebookより。

f:id:hanak50kamoto:20180804222247j:image

 

講座参加者の作品で即売会を実施したことや、3年間積み上げたモノつくり講座の成果は、お年寄りたちの活力をつくりだし、自分で言うのもなんですが、地域では、とても大好評になりました。 

 

手八丁、口八丁は逸材

限界集落のお年寄りの場合、家でコツコツとカゴ編みや手芸が好きな人は、本当にきれいな作品をつくります。しかし、職人というのか、人前に出て講師となって話すとか、苦手な方が多いです。

 

一方、社交的でお話好きな方は、おしゃべりは好きだけど、講師のような順序立てて話すことが苦手だったり、そもそもモノつくり自体、得意でない場合が多いです。

 

手も動くし、口も達者に動く人で、かつ、2~3時間の講座指導ができる人は、お年寄りの中から探しても、そうそう見つかるものではありません。

 

講座講師になる

私の公民館の評判を聞きつけて、他の公民館でも「モノつくり講座をやりたい。」と要望がありました。でも、適任の講師が見つかりません。

 

「花子さん。モノつくり出来るし。指導員していたくらいだから、口も達者だし。花子さん、講師をお願いします。」

 

そんなこんなで、公民館講座の講師をさせてもらってます。

 

講座後のアンケート評判もなかなか良いらしく、毎年、どこかの公民館で『モノつくり講座』させてもらっています。作品自体は、全然すごくないのですが。

 

多分、私が、公民館の企画から参加者集め、事前準備、運営実施など内部の流れに精通しているために、公民館としても、私を講師として迎え入れやすいのだと思います。

 

↓過去のFacebookより

f:id:hanak50kamoto:20180804222426j:image

 

そもそもカゴ編み、草履編みなどは、ジーちゃん、バーちゃんが趣味でやっているもので、私たち、40代、50代は子育てや、子どもの進学にバタバタで、趣味を堪能している人なんて、ほぼ皆無です。

 

わたしが40代という若さで、布草履の講師を何回も経験している…それだけで、町内外から講師依頼のお声をかけていただけるのです。本当にありがたい。

 

事は人より早くおこせ

話は変わりますが、実家の農業の話。

 

「人と同じ時期におんなじ作物を出していたら、誰も高い値段で買う人なんていない。どうしたら人より1週間でも、2週間でも、早く出荷できるのかを常に考えているんだ。そうすれば、価格は下がりにくいし、同じ作物でも高い値段で売れるから。」

 

ジーちゃん、が言ってました。ほんとにその通りだと思います。

 

私と同じころにブログを始めた人がいます。

 

そのブロガーさんはGoogleアドセンスを1発合格したのを皮切りに、サラリーマンブロガーでありながら、1日3つの記事を書き続けています。1か月ちょっとで、100記事。

 

そのペースで毎日(1年4か月ずっと)書き続けました。

 

先月末のブログ運営報告では、10万PV、11万獲得…って、書いてありました。驚愕です。(@_@。)羨ましいを通り越して、ただただ賞讃します。(私のブログは、1年4ヵ月で、まだ80記事しか書いていません。(;´д`)トホホ。)

 

こういうのを目の当たりにすると、尋常じゃないくらい、人より早く事を起こせば、収入って後からついてくるのかもしれません。

 

講座講師は、40代の人がまだあまり手を出していない分野の第一線に、私が立てているのは、すごく優位な気がします。これは、臨時収入ためだけにやっているわけではないけどね。

 

↓過去のFacebookより。

f:id:hanak50kamoto:20180804234210j:image

年に1回かもしれないけど、来年も再来年もオファーがもらえるように。参加してくれた人が、私の講座に「また参加したい。」って思ってもらえるように、技術なり、トークなりを、少しずつ積み上げていきたいなぁ。

 

まずは、人より早く事をおこそうじゃないか!…収入もついてきたら、もっと楽しみ増えるから。

 

そうすれば、60歳を迎えるのが楽しみになるんじゃないかな。と、思うんです。

 

過去記事:~50歳からの習い事。真面目な人ほどつまづきやすい~

 

本日も最後まで、読んでいただきましてありがとうございます。(*^▽^*)

follow us in feedly