働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

生涯現役で仕事をするために必要な心得3つ

【相談】生涯現役で仕事をするのは大変ですか?

 
登録販売者の花子(@a10hon51)です。

 

「私も生涯現役でいたい!」こんな思いが強いものの、実際どういう日々を過ごせばいいのか、思いあぐねる花子です。

 

私が思う生涯現役でいるための条件は3つあります。

f:id:hanak50kamoto:20180805104551j:plain

 

①体調の自己管理

「当たり前じゃん。」と、思われるのですが、この当たり前が意外に難しいのです。

 

私はドラッグストアで働いていますが、私の会社には定年はありません。体力勝負の仕事ですから、腰や手首、頚椎、膝を痛めてしまう方が多く、体力の限界で60歳前に退職されてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

特に今年のように暑い日が続くと、ビールのケースの山が納品されるので、何箱も積みなおしなければなりません。さらに、レジでは2リットルのペットボトルを右手首の力だけで、1日100本ちかく持ち上げる必要に迫られます。

 

すると手の腱鞘炎はもちろん、頸椎ヘルニアをやっちゃったり、立ち仕事による腰痛など、レジの職業病に悩まされてしまいます。

 

とくに辛いのが…大五郎2.7リットル。こいつには、手首やられる人多いです。
(;´Д`)アヘアヘ

 

長く働くためには、野球のイチロー選手のように、「故障しない体作り」が最重要なんです。

 

生涯で現役で働くとは、そういうことなのでしょう。簡単なようでこれが、なかな難しい。

 

その外にも内臓系を悪くさせたら、命を脅かす事態になります。内蔵系疾患の場合、疾患場所や疾患名を突き止めるまでも、検査、検査、で病院通い。

 

治療が始まれば、もう仕事している場合ではなくなってしまうのです。

 

心神耗弱状態になれば、これも、働ける状態ではありません。

 

「心身共に元気で、いつまでもで働ける状態をキープし続ける」のは、言うは易く行うは難しなのです。日頃のメンテナンス大事です。

 

②働くを決意すること。生涯現役で。

私の尊敬する人に、昨年105歳で亡くなられた医師の日野原重明先生がいます。

 

日野原先生は58歳のよど号ハイジャック事件で人質となりました。3日後に無事、解放された、貴重な経験をお持ちです。

 

助かった時に、この58歳以降の人生は「今後の自分の命は、人の命ために使おう」と決意され、亡くなられる105歳までの半世紀以上を医療に捧げました。有言実行されたその姿、心より尊敬いたします。

 

普通の人は、「60歳からの老後をどう生きよう」と考えます。

 

でも、100歳まで残り40年以上も生きられるのであれば、日野原先生のように自分の意思を持って、100歳人生を生きていいかなければもったいない気がするのです。 

 

大好きな言葉…渋沢栄一さんの名言

 40、50は鼻垂れ小僧、
 60、70は働き盛り、
 90になって迎えが来たら、
 100まで待てと追い返せ。


粋な、いい言葉ですよね。この言葉に元気をもらいます。

 

登録販売者として薬のアドバイザーをしたり、パソコンスクールのアシスタントとして活動したり、公民館でモノつくり講師をしたり、ブログを書いたり、いろいろ手を出しまくって、すべてが修行中の花子です。

 

昨日読んだ『10年後の仕事図鑑』の本に、「これからの時代、好きなことを、なんでも突き進めろ…『君にしかできない』を創り出せ」と書いてありました。

 ↓↓

 

 

③求められる人になる。生涯現役で。

60歳すぎてから働きたい意思がこちらにあっても、必要としてくれる人がいなければ働けないのです。

 

私の住む田舎では、ホワイトカラー(事務一般職)の60歳以上の仕事はほぼありません。若い子の方が覚えがいいし、使いやすいからかな。だいたい60歳で定年、再雇用なしです。

 

案外、工場の職人だったり、サービス業だったり人手不足や後継者不足の業界の方が、高齢者でも引く手あまたです。

 

なかなか年老いても会社や社会に求められるって・・・難しいです。

 

だから、40歳くらいか、本業以外のこと、60歳以降のセカンドステージの調査やフィールドワークしていく必要があると思います。

 

そんな中で100歳くらいまで、自分がずっと関わりたいことを見つけられたら、幸せですよね。そこに、プラス収益が出れば最高!!!。

 

そうそう簡単ではないかもしれないけど。

 

ホリエモンいわく「信用が集まれば、お金はついてくる」っていうから、まずは経験と実績を積んで、いくぞ。

 

だから私は40代から、いろんなことに手を出しまくっています。小さい積み重ねで、信用を積んでいけたら、いいなぁ。

 

今から旦那さんには私「60歳過ぎたら、私があなたを養ってあげるから!まっててね!」って夢語ってますから。

 

めざせ!生涯現役。そんないつまでも求められる人になりたいです。

 

まとめ

健康でいることもなかなか大変、生涯現役で仕事を続けることは更に大変です

 

例えて言うのであれば、普通のサッカー選手が20代後半から30代にかけて引退するなか、キングカズこと三浦知良選手のように、50歳過ぎてもいまだ現役選手でいるようなもの。

 

簡単に「努力」って言葉では片付けられないくらいの半端じゃない努力と意思がないと生涯現役って難しいのでしょうね。

 

でも、私は生涯現役で仕事がしたいと本気で思っています。

 

※2017年7月に亡くなられた日野原重明先生への追悼ブログをリライトしたものです。

過去記事:~事は人より早くおこせ!収入の基本~

 

 本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。(*^▽^*)

 

follow us in feedly