働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

【紀行文】スッカン沢巡り 那須塩原の絶景秘境

「スッカン沢。行ってみませんか?」思いもよらない知人から、私たち姉妹に突然のお誘いを頂いた。

 

スッカン沢は聞くのも初めての場所だった。「お伴します。」そうLINEで返事したけど。

 

山行予定日の天気予報は雨。『小雨決行』それだけを決めて当日を迎えた。

 

朝、外は雨。約2時間かけて、スッカン沢の駐車場につくと、雨はやんで晴れ間が見えた。

f:id:hanak50kamoto:20180925214532j:plain

自然の姿がそのままに残るスッカン沢は、近年、ハイキングの人気スポットになっているらしい。

 

2キロ程度で、初心者でも楽しめるコースである。このコースは、渓谷美を満喫しながら大小の美しい滝が見られる。

 

駐車場から出ると、すぐ「雄飛の滝線歩道」へと下る階段があらわれる。

f:id:hanak50kamoto:20180926002926j:image

車を降りると、はやくも沢の音がサラサラと聞こえてくる。駐車場には4台の車が止まっていた。

 

知人の腰のあたりから「カラン♩カラン♪」と音がする。熊鈴だ。やはりハイキングといえど、山行には熊鈴は必需品だ。

 

『雄飛の滝線歩道』に入るとすぐに、深い緑に包まれた世界と出会える。苔好きの私としてはたまらない光景だ。

f:id:hanak50kamoto:20180925215758j:plain

木道が整備されているためだろうか。昨日まで、雨が降っていたわりに、滑らず歩きやすい。

 

歩き出して30分程度で「素簾の滝」に着いた。

f:id:hanak50kamoto:20180925221251j:plain

幻想的で「もののけ姫」がいまにも登場しそうな滝らしい。頭上一面に糸のような細い滝が広がる。

 

素廉の滝の画像をお見せしたいのだが。iPhoneでは撮影できる滝ではない。危険すぎる。撮影をあきらめて、雄飛の滝を目指す。

 

昨日まで、雨。
沢の水量がすごい。豪快な流れが圧巻である。

f:id:hanak50kamoto:20180925223712j:plain

美しい渓流美をみながら、歩いていくと時間も忘れてしまう。

f:id:hanak50kamoto:20180925224501j:plain

 

雄飛の滝にようやくついた。滝全体の撮影が難しい。試行錯誤してなんとか撮影。

f:id:hanak50kamoto:20180926182824j:image

私たちが、歩き始めからもうすぐ2時間。

 

雄飛の滝の展望台付近で、スッカン橋方面から出口へ向かう、50代夫婦のハイカーとすれ違った。

 

「すみませ~ん。この先、まだ長いですか?」

 

「橋は、もうすぐ。その先は、落石があって行けないよ。」とご主人が大声で答えてくれてくれた。

 

下界なら人に話しかけるなんてないけど。こういう神秘てきな所だから、知らない人にも平気で話しかけれてしまう。不思議なものだ。

 

スッカン橋も渡り最終目的地のスッカン沢へ。

f:id:hanak50kamoto:20180925231419j:plain

落石が橋の欄干をなぎ倒している。これを乗り越えると…。

 

見事なまでに、スッカンブルーの沢が私たちを出迎えてくれた。

f:id:hanak50kamoto:20180925231857j:plain

朝の雨が嘘のように晴れている。光が差し込むスッカン沢は、あまりに美しくて心が震えた。

 

帰り道。これからスッカン沢へ向かうハイカー御一行様に声をかけられた。

 

「スッカン沢。どうでした?綺麗でしたか?」

 

「すっごく。キレイですよ。 
 行ってらっしゃい。」

 

きっと彼らは、期待を胸にスッカン沢までの道のりを、ワクワクしながら、歩くことだろう。

 

スッカン沢。見どころいっぱいの渓流美が楽しめる絶景スポットである。

 

※初の紀行文を1000文字で書いてみました。(山と渓谷・山行ルポ風)

 

【補足:ハイキングの注意】

服装は、トレッキング用の服装がいいでしょう。長袖、長靴。両手が使えるようにリュックサックを背負って歩きましょう。

 

持ち物は、飲料水、雨具、熊避けの鈴は必要です。

 

往復3時間近くかかります。軽食は準備した方がいいかもしれません。

 

危険個所として、落石、絶壁、通行止めの箇所があります。危険個所には立ち入らないようにしましょう。

 

尚、携帯電話は、ネットの電波が届きにくい地帯です。

 

本日もご訪問ありがとうございます。(*^▽^*)

follow us in feedly