働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

7万円の制服が破れたら。驚異的な田舎ネットワークが判明した話。

田舎で嫁をしてます。花子です。今まで、田舎の恐怖体験、ネットワークの凄さを書いてきました。

 

今回は、さらにパワーアップした田舎の、素晴らしいネットワークについて書いていきます。

  www.syuukatusapuri.xyz

 

 

7万円の制服がビリビリ。

長男が高校生の時の話です。通学していたら、自転車で、思いっきりすっ転んだらしい。

 

花子:
「長男よ、カラダ大丈夫?」

そう声をかけたのも束の間、帰宅した長男の姿をみて凍り付きました。

 

それより制服の膝部分が…。ビリビリに破れているじゃないか。

 

まじか。制服、7万したんだよね。
(;´Д`)

 

長男:
「俺、運動神経いいから…全然けがしなかった。」
ニコやかに笑って答える息子に、少しイラっときた瞬間でした。

 

膝部分、縦5センチ、横7センチ程度に直角に切れていたんです。

 

明日も学校に履いていかなければならないから、婆ちゃんに黒糸でなんとか縫ってもらったけど、めちゃめちゃ目立ちます。補修跡が。

 

『かけはぎ』料金を調べてみた。

かけはぎとは、スーツや制服など、穴や傷になってしまった部分を、「かけはぎ」という修正技術で、目立たなくすることです。

 

かけはぎについて調べたら、ネットでは4000円程度…なんて書いてあるから、専門店にさっそく電話して確認してみました。

 

すると、1センチ600円らしいのですが。

 

こちらの破けた状況、状態を話すと、「15,000円くらいかかるかもしれません。しかも、そんなに大きい傷は、かけはぎ技術を使っても目立ってしまうので、おススメしません。」

 

こんな回答をいただきました。ショック。息子よ、明るく笑っていたけど…母は泣きそうだぞ。どうする??

 

ばあちゃん。ネットワーク大作戦。

私が落ち込んでいることもあるけど。孫可愛さに、ばあちゃんのネットワークが、フル稼働し始めました。

 

もともと私の嫁ぎ先は、15年ほど前まで、村の駄菓子屋でした。

 

ですから、いろんな人が寄合する場所になっており、店を閉めた今でも寄合場がいまだに続いています。

 

お茶をのみにくる人みんなに、「うちの孫の制服が破れてしまって…。だれか工業高校を卒業した子、いねーかな? 制服譲ってもらいっチーだけど。」と声をかけてくれました。

 

すると、「あそこの息子、工業を2年前に卒業した」とか、

「親戚に工業を卒業した甥っ子がいるから聞いてみるから…。」とばあちゃん仲間たちが情報を集めてきてくれました。

 

1週間くらい過ぎて、

「郵便局前の加藤さんと、あそこの信号機の手前の鈴木さん、誰々と…。」と制服を持ってそうなお宅のリストアップ5件くらい、ばあちゃん達がしてくれました。

 

8キロメートル圏内の子どもたちの卒業高校を把握している、ばあさんネットワーク…恐るべしです。

 

この個人情報が騒がれる時代、長男達でさえ、誰先輩がどの高校に進学したとか、ほぼ把握しきれていないのに…。すごい。パワフルばあさんの情報量にビックリです。

 

しかも、我が子、183センチあります。

 

うちの子が着られるような体型の工業高校卒業生を5人をリストアップするって、すごくないですか。

 

もう。驚異的を通り越して神の域です。

 

ばあちゃんが
「花子から加藤さんとか鈴木さんに制服のコト頼んだ方が、オレが、たのむよりいいと思うから…。」と、ここから先は私にバトンタッチ。

 

www.syuukatusapuri.xyz

 

おねがい。制服ください!

7万円の制服がかかった大切な事態。ここで私もコミュ障(ADHD)なんて言っている場合ではない。

 

勇気をだして、郵便局前の加藤さんに電話してみたら…「いいよ。いつもっていけばいい?」と、すんなり。

 

電話した翌日には、我が家に制服を届けてくれました。これまたビックリ。

 

私『岡本花子』でブログを書いていますが、本当は、名字がかなり特徴的で、近隣地区でも、ウチしかないんです。この名字。

 

昔、駄菓子屋だったこともあるから、電話して名字を名乗っただけで、家がどこだか先方にもわかるんです。いいような…。恐ろしいような。

 

 

お礼の電話と料金の相談をしたのですが「もう、着ないから、いらねー。」って。

 

マジですか。うれし涙が出そうです。とりあえず、後日クオカード5000円分をお持ちしましたけど。

 

こんな感じで、リストアップ2番目の鈴木さんからも、制服頂戴しました。田舎ネットワークありがたいです。

 

こんなふうに、いろんな絆に助けられ…。家庭だけではなく、地域の孫として皆様に温かく育まれた長男は、今年の3月、工業高校を無事卒業しました。

 

<m(__)m>感謝、感謝であります。

 

www.syuukatusapuri.xyz

 

ご恩を少し分けてあげる

先日、ママ友に声をかけられました。

 

「花子さんの息子さん、工業高校卒だよね。うちの子、高校3年で、もうすぐ卒業なのに…制服のズボン破れちゃって…。譲ってもらえない?。」

 

f:id:hanak50kamoto:20181017234239p:plain

男子ってみんな、こうなのかな。思わず笑みを浮かべてしまいました。

 

「いいよ。郵便局前の加藤さんの息子のお下がりだけど…いい?」ってお裾分けしました。困ったときは、お互い様ですから。

 

つくづく、田舎ネットワークすごいです。

 

www.syuukatusapuri.xyz

  

まとめ

制服が破れたら、修理するより、譲ってもらえそうな人を探し出してお願いした方が、田舎はいいようです。お子さまの体型も考慮しながら、似た体形の制服が見つかるといいですね。

 

本日もご訪問ありがとうございます。(*^-^*)

follow us in feedly