働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

偏差値40。底辺高校に進路希望するときの注意点をまとめる。高校説明会に行ってきた。

アラフィフ世代の花子(@a10hon51)です。

 

息子が通学する中学校で、高校説明会がありました。市内と郡部の高校10校。

 

優秀な学校に入る方法は、いろんな本もあるし、たくさんの親さんがブログや記事にしています。

 

うちの息子は、勉強が得意な方ではありません。

 

今回は、うちの子なりの『勉強が好きでない子はどこに注意して高校を選ぶか??』

わたしの考えを記事にします。

 

 

f:id:hanak50kamoto:20181019000757j:plain

 

 中2親が関心持たない高校説明会

今回、この高校説明会は、中学校の意図として中学3年生の生徒と親を対象に開催されました。

 

うちはまだ中2ですが、中2、中1の親御さんは、参加したかったら参加していいですよ…の、スタイルです。

 

内容としては、

  • 高校の校風、
  • 校訓、
  • 卒業後の進路、
  • 学校生活、 
  • 課外活動やインターハイ出場の状況などについて。

 

息子の同級生のママ友に

「高校説明会に参加する?」って聞いたら、

 

「いや。うち、頭良くないから、聞いてもしょうがないでしょ。来年で。」

 

「うちは子どもに行きたい高校を任せているから、説明会は来年聞くわ。」そんな様子。

 

中2の親さんで今回の高校説明会に参加したのは私を含め2名。学年で2名。(思わずビックリ。2名を2回も繰り返してしまいました。)(◎_◎;)

 

えー。頭良くなかったら、尚更、行ける高校が限定されるんだから、「志望校決める1年前には、高校の説明を聞かなきゃダメでしょ!!」って私は本気で思うんですけど…みんな違うんですか?

 

ゴール(目標)がなくて、受験を目指せ!って言われても…。

 

私が、子どもの立場なら、無理なんだけど。 みんなは目指すものがなくても、ただ勉強できるの? 

 

子どもの勉強ことなのに、自分のことのように、入れ込んでしまっています。(笑)

 

だって中3の今頃(10月半ば)になって、「勉強やれ!やれ!」言われたって、もともとそんなに出来が良くなかったら、無理じゃない。わたしだけ?そう思うの。

 

高校説明会の班分け

1校30分~40分の説明が10校だから長時間になってしまいます。

 

そのため、進学コース(偏差値50~65)実業高校&郡部高校(偏差値40~50)の2教室に分かれて説明会が行われました。

 

うちの子は当然、実業高校の班。資料は全校分、もらえるので一応、すべてGET。

 

実業高校の場合、当然ですが実業科目があります。その子に合えばいいのですが、合わない子もいて、退学してしまうこともあるんです。

 

実業高校の何科だとうちの子に合いそうか

 

学科によって学ぶことも全く違うので、そのあたりも親がよく知っておく必要があります。

 

実業高校、合わないと苦痛

話はそれますが、長男の話。

 

長男も勉強が得意ではありませんでした。でも本人は子どもの頃から、今話題の下町ロケットではないですけど、町工場の職人になるのが夢でした。

 

そのため工業高校の機械科を熱望して入学しました。

 

同級生に進学高校の受験に不安を感じ、ランクを落として、機械科に入学した子がいます。

 

その子は、もともと機械など全く興味がなく、偏差値レベルで、たまたま機械科に入学したのです。

 

うちの子は、機械大好きで入っているので、授業中先生の話が楽しくて本気。授業を聞いているだけで、自宅勉強をしなくても高得点がとれました。中学の成績が嘘のようにグングン伸びました。

 

一方、その子にとって、機械科の勉強は苦痛以外の何物でもなかったようで、家に帰って復習しても全く理解できないようで。

 

「勉強が嫌で、学校に行くのも億劫で…」と親さんが心配するまでになってしまいました。

 

中学まではその子の方が、うちの子より断然上の成績でしたが、高校の専門科目が苦手だったため、下から数えた方が早いレベルまで落ちてしまいました。

 

学校も休みがちにもなり、退学するのでは…と、こちらもハラハラしながら、その子を見守っていましたが、退学することなく無事卒業までできてよかったと思います。

 

実業高校は、専門科目が入ってきますので、子どもの好きなものと学科があっているのか…そういうことを知らないと、苦痛の高校生活になってしまうんです。

 

重要!高校説明会で何を見るか

中2の息子は、長男と同じ工業高校の機械科を志望しています。しかし、まだまだ、あと偏差値4程度たりません。

 

もし、ランクを下げるなら、どこにするか。。。そんな心配も親はしてしまいます。

 

最初にも述べましたが、私が選んだ班は、実業高校&郡部高校。偏差値40~50。露骨に言ってしまうのもなんですが、いわば、底辺高校の班です。

 

①中退率を見る

各高校のパンフレットに卒業後の進路の人数が記載されています。

 

たとえば…

大学29名
専門44名
就職154名
公務員7名
合計234名

 

この市内の学校は入学が240名で中退者が6名、中退率2.5%

 

郡部高校学校は 入学80名、卒業68名   中退率15%

 

高校のパンフレットに中退率なんか掲載しません。だから、卒業生の進路状況一覧表から人数を拾って、中退率を把握します。

 

類は友を呼ぶ…周りが中退すれば、自分も高校中退を考えることもあります。

 

実業高校や郡部の高校に入学するときは、中退率も知っておくべきだと私は思います。

 

今の時代、高校中退しても通信高校へ編入できます。しかし、やはり親心として「高校中退はさせたくない」ってのが本音でしょう。

 

②卒業後の進路

「郡部の普通科高校が最近、進学校になったらしい。進学7割だって…。」そんな噂を聞いたから、パンフレットを見てみたら。

 

進学7割の内訳。

トリマー専門学校
ネイルアーティスト専門学校
ビューティーカレッジ
アニメーション専門学校

 

これら専門学校への進学の7割、3割が私立短大と大学。

 

別に、こういう所への進学が悪いわけではないんです。ただ、本気で目指して、いきつく先がその専門学校なのか?って問いたくなるんです。

 

都会の専門学校に入れるためには、300万~400万(?)くらいはかかるでしょ。

 

私がケチなのかもしれませんが、「この専門学校でいいや。」くらいの子どもの軽い感覚で、お金を払いたくないし、奨学金なんて借金を絶対背負わせなくないんです。

 

なので、卒業後の進路に決意が見えないような高校には、入れたくない…。むしろ、我が子を、そういう高校には近づけたくないです。

 

底辺高校だからではないですけど、親がキチン高校の校風をしって子どもと一緒に「何故、何をしにその高校にいくのか」意義付けをしたいんです。

 

重すぎますか?私の思い。

 

③資格は何が取れるのか。

もともと勉強がそんなに好きでない子ども達が集っている高校ですから、ものすごい期待しているわけではありません。

 

資格だって、勉強は嫌いでも、実技で取れる資格もあるはず。

 

ただ机に向かっての勉強は嫌いだけど、実技は得意とかあるかもしれません。

 

実業高校に求めるのは、むしろその部分で、子ども達がどんな体験を、どれだけして、学べるのか。

 

たくさんの経験をつめることが、大きな強みになります。

 

例えば資格だけでなく、農業高校の場合、6次化産業に向けて自分たちで、食物を育て、加工して、販売するにあたり、商品開発、ブランディングなど、実地経験が出来ます。

 

実業高校進学やその先の進路に、不安な親さんもいるでしょう。しかし、実業高校は、国立大学に推薦枠があり、目指したいなら、そちらに進むことも出来ます。

 

また、農林高校の場合、高卒公務員の行政職を目指す以外、特別枠として農業専門職の公務員枠を受験可能です。

 

高校3年間に、自分はこんなことが出来た、それを実感して、自分の財産とする大切な時期になります。

 

だから資格取得ありきではなく、どんな経験から、何の学びが出来る高校なのか、知っておく必要があるんです。

 

それを極めたければ、検定や資格を取ればいいと思うんです。

 

ただ優秀な一部の子だけが取れる資格だけパンフレットに並べるんじゃなく、どんな体験から、どんな学びが出来て、資格も目指せる。

 

勉強嫌いな子たちには、そういう目的の目指し方をする高校に行って欲しいんです。

 

我が家の子育て方針

私は震災復興支援スタッフとして、フリースクール(不登校児)&高校中退者向け、通信高校を運営する団体に1年間、在籍していました。

 

そんな経験も踏まえた我が家(私の)の方針。

「勉強が嫌いな子に、無理して勉強をさせなくてもいいんじゃないか」

 

中学校では、国、数、英、理、社、その他4科目を黒板に向かって、講義を受けるスタイルを授業と呼び、机に向かって、教科書を広げ、ノートをとることを勉強といいます。

 

また、テストは、その範囲をいかに暗記して書きだすことができるかであり、その暗記力、理解力によって優秀、普通、落ちこぼれとランキングされます。

 

それは、中学生にとっては当たり前の学習スタイルであり、当たり前の成績カースト制ができます。

 

しかし、世の中には、机に向かって、教科書を広げるのが得意でない子もいます。

 

いくら教科書を広げても、全く意味のわからない文字の塊に感じる子もいるでしょう。

 

その子に向かって、いくら「勉強しろ!」と言っても、教科書を広げるスタイルはマネが出来ても、それが勉強と呼べるのか?いささか疑問です。

 

何を言いたいのかというと、その子の特性によって、

①机に向かって知識を学んでから社会の仕組みに触れていくのが合っているタイプの子

実地作業で学んで興味のある分野をネットを使って追及するタイプの子

 

両方存在していいじゃないかとフリースクールに在籍していた時、すごく感じたんです。

 

~金子みすゞ ~

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。

偏差値40クラスの高校に進学したら一生落ちこぼれのままなのか

 

偏差値45工業高校卒

長男 旋盤国家試験取得 車を作る部活で全国3位 現在、メーカーの整備士見習い中

 

工業高校生の溶接作品ナットとボルトと水道管

f:id:hanak50kamoto:20181021092316j:image

長男の関連記事:人事担当者は履歴書の何を見て、採用を決めるのか

 

 

偏差値38  実業高校卒

旦那 ビーバップハイスクールの乱闘現場になるような高校です。昔は暴れん坊だった彼も、現在は重機オペレーターとして、一流の職人です。

 

旦那の関連記事:給料がよくて土日やすみの仕事を…彼氏のために探してます。

我が家は、すごい裕福なわけではありませんが、借金もありません。田舎ではそこそこ普通の生活が出来ている家だと思います。

 

そう考えると、何をもって落ちこぼれとするのか…疑問です。

まとめ

高校は、子どもの感受性が一番豊かな思春期に3年間を捧げる場です。

 

自分は将来どうなりたいのか、決断する時期でもあります。

 

親も子も、単なる成績レベルで高校を選ぶだけでなく、もっと広い範囲を見渡して、高校を選んだ方が、豊かな3年間が過ごせると思うんです。

 

子どもには、「最高の高校生活が送れた」そう思って、卒業まで突っ走ってもらいたいんです。みんなちがって、それでいい。  

 

相変わらず、親バカな花子でした。( ´ ▽ ` )

 

本日もご訪問ありがとうございます。

follow us in feedly