働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

オトナ女子旅。秋を満喫するなら猪苗代がおススメ。

アラフィフ世代の花子(@a10hon51)です。

 

10月9日オトナ女子旅『秋を満喫、猪苗代コース』が大満足でした。今回の記事は、そのレビューです。

 

『道の駅 猪苗代』がキレイ

景観がキレイな『道の駅猪苗代』。2年前に出来た道の駅で、まるで、空港みたいで綺麗だと評判です。

f:id:hanak50kamoto:20181020175313j:image

 磐梯山火山や豪雪などの災害に備えた防災拠点機能となる施設としても設立されており、ヘリポートも完備しています。

 

敷地が広大。駐車場も1000台を超える車が停められます。紅葉の混雑する時期でも、運転がうまいと言えないオトナ女子でも、悠々と安心して駐車できるスペースがあるのはありがたいです。

f:id:hanak50kamoto:20181026081545j:image

全国の道の駅ランキングでも4位なんです。すごいです。東北の誇りです。(*´∀`*)

 

 

東北自動車道の猪苗代インターを下りてすぐ道の駅への看板が出てきます。

f:id:hanak50kamoto:20181020233128j:image

この道の駅のご当地軽食が、馬肉を使った「桜肉のコロッケ」。ジューシーで美味しいと、有名らしいです。イートインコナーで買えるらしいのですが…。

 

道の駅に着いたら、すっかり桜肉コロッケのことが、頭から抜けてて、食べずじまいでした。残念。


お土産品売り場には、『イカにんじん煎餅』があります。

f:id:hanak50kamoto:20181020214501j:image

道の駅から、磐梯山が一望でき、ビューポイントにはベンチがあります。ゆっくり美しい景色を楽しめるのがいいです。

f:id:hanak50kamoto:20181020225642j:image

達沢不動滝は一見の価値あり 

猪苗代八景の一つ達沢不動滝は、「道の駅猪苗代」から車で30分くらいの場所にあります。

 

駐車場にはもうすでに5台の車が止まっています。ここは、わたしの大好きなスポットなので、駐車場についただけでワクワク。

f:id:hanak50kamoto:20181020232409j:plain

さすが猪苗代は観光に力を入れているだけあって、林道の手入れがきれいにされています。ただ、蜂がいることもありますので、虫よけスプレーはあったほうがイイかもしれません。

 

駐車場から、滝までの道は徒歩5分くらいで、この景色がみれます。

f:id:hanak50kamoto:20181020232219j:plain

この滝の素晴らしさは、落差が大きいことと、水量が多いこと。神々しいというのがぴったりの滝です。

 

達沢不動滝には、『不動』の名がついているだけあって、不動明王と右手に持っていると言われている剣が祀られているパワースポットです。

 

不動明王は、睨みつけるような形相をしていますが、これは、悪を絶ち仏道に導くことで救済する役目を担っていることから恐ろしい表情をしているとされています。

 

迷いの世界から煩悩を断ち切るよう、命がけで導いてくれる不動明王は「疫病退散の守護神」としても扱われていたようです。

 

磐梯山麓は山岳信仰が栄えていたため、この滝にも御不動様が祀られて、信仰の対象とされていたのでしょう。

 

達沢不動滝を見ていると、現世のわたしの煩悩も断ち切ってもらえたような、すがすがしい気持ちになり、心がリフレッシュできます。

 

パワースポット巡りが大好きな私としては、何度もいきたい場所です。紅葉の見ごろは10月20日ごろです。私は、10/9に行きましたが少し色づき始めのころでした。

f:id:hanak50kamoto:20181020235913j:plain

郡山からも1時間かからない場所で、この眺めが楽しめます。是非、一度見てほしいスポットです。

リステル猪苗代ハーブ園でオトナ女子を堪能。 

リステル猪苗代では、1年を通してラベンダーやハーブなどいろいろな花を観賞することができます。

 

入場料は680円割とお高め。

 

秋、見ごろになるのが、コキア畑の紅葉です。磐梯山をバックに、広大なコキア畑を楽しむことが出来ます。

f:id:hanak50kamoto:20181021001139j:image

一面真っ赤で、きれいです。この奥にはコスモス畑が広がっています。わたしは平日に訪れたのですが、年配のご夫婦が多かったです。

 

平坦な広い場所にコキア畑が広がっているため散策しやすいからかもしれません。

 

かなり敷地が広いので、普段、事務職などであるくことに慣れていない方は、ここを見るだけで疲れてしまうかもしれません。

 

一通り見終わったら、足湯が敷地内にあります。景観を楽しみながら、のんびり足湯に入れるのが、贅沢。

f:id:hanak50kamoto:20181021001502j:image

オトナ女子旅には、こんなのんびりした時間も必要です。

 

行きたかったのに、行けなかった場所

今回のオトナ女子旅のコースはいかがでしたでしょうか? 猪苗代はカフェも、いろいろありグルメもご紹介したかったのですが。

 

①パンケーキカフェcomayaが閉まってました。断念して、道の駅猪苗代で軽い昼食をしました。

f:id:hanak50kamoto:20181021004534j:image

②猪苗代に「はじまりの美術館」というところがあり、子ども向けのハンドメイド作品展(デザイナー系)が開催されていました。

 

Facebookで誰かがそこをアップする度、イイなぁ・・・と思ってました。たまたま、猪苗代の街なかを車で走行していたら、その美術館を発見。

 

うれしくなって、駆け寄ってみると…。ちょうどその日は閉館日でした。今度、機会があったら、ぜひ「はじまりの美術館」をのぞいてみたいです。

f:id:hanak50kamoto:20181021004554j:image

 

 

最後に

今回、アラフィフ世代のオトナ女子2人旅で、猪苗代を楽しみました。

 

男性の運転する旅のように効率的ではなく、迷子になったり、事前リサーチ不足であっちこっちフラフラとした旅でした。

 

「つぎは来年のゴールデンウイーク過ぎたころ、『猪苗代ぶらり旅』をもう一度しよう。今度はリサーチしてからね。」って友人と約束したけど、次も、相変わらず、下調べしないでフラフラ出かけそうな予感。だって似た者同志の旅だからね。

 

本日の記事はここまで。本日もご訪問ありがとうございます。(*^-^*)

 

 

follow us in feedly