働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

50代で転職したらイビられた。人生100歳時代の視点を取り入れよう。

【相談 50代の転職】

50代でパート。最近、転職しました。指導係からイライラされてしまいます。


パートの仕事を教えてくれる人は、20代の私の娘位の人。

 

私の覚えが悪いからか、機嫌が悪く、くちきいてくれなくなり、さらに、わからないから聞くと無視したりで…。どうしていいかわかりません。

 

でもやらねばですから、色々質問していくと…空気が…悪くなり…?

 

困ったな、どうしたらいいの?

 

こんな覚えの悪いおばさんに仕事を教えるなんて災難だと思います。

f:id:hanak50kamoto:20181110143859j:image

 

10年働きたい会社ですか?

転職マニアの花子です。本日はこの相談について、考えてみます。

 

私は、転職マニアなので、普通の感覚からズレているのかもしれません…。

 

逆になぜ、その会社に順応しようとするのか? それが不思議です。

 

やっと入社できた会社だから?

 

今や、人生100年時代。その職場は、あなたを高めてくれる場にふさわしいところですか?

 

そうでなければ、私の意見としては、その職場を辞めて、あらたなパートを探してもいいのではないのかと思うんです。

 

20代の指導員の方が、なぜイライラするのか…。あなたの器量の問題かもしれません。

 

でも、常に指導係がイライラしている状況なのであれば、その職場の体制自体に問題があり、上層部もイライラを放置している状態なのでしょう。

 

50代の方は我慢が当たり前、自分を改善すれば問題が解決に向かうと思うかもしれません。

 

組織自体の歪みがあるところで、頑張っても、そこで働く人にひずみが出て、しまいは、自分の心にまでひずみが出てきまいます。

 

そしたら、体調も崩してしまいます。

 

50代は、体調的にも無理ができにくく、ライフステージ的にも親の通院や介護、子どもの巣立ちなど、自分自身にも余裕のない時期です。

 

ムリは厳禁です。

 

人生100年の視点からみれば、その職場にとどまる数年は、ほんの一瞬の時間。耐えて過ごすのも、笑って過ごすのも自分の選択ひとつ。

 

50代の今から、これから60歳までの10年間。過ごしたいような環境でない職場であれば、指導員のイビリに耐える必要があるのか…。

 

そこから、試用期間が終わる前に撤退してもいいのではないかと、私なら考えます。

 

そうすれば、ほどんど引継ぎ業務の心配もありませんし。

 

人生100年時代を生き抜くために。

 

20代、30代で会社組織で耐えるのは、自分の成長や会社の発展があってのことだと思います。

 

50代で耐えるべきことは、60歳過ぎても使える(収入になる)技術の習得になら、耐える価値はあるでしょう。

 

我慢する。改善する。……これらは、何のために耐えるのか?何のために自分を変えようとするのか?

 

 

与えられた環境に順応するためだけでなく、100歳まで生き抜くために、って発想を念頭に置いて、身の振り方を決める…そんな考えもあると思うんです。

 

闘うあなたににオススメな栄養ドリンク

仕事のストレスで溜まり気味、寝ても怠くて起きられない方には…。

 

キューピーコーワαドリンク

キューピーコーワα ドリンク 100mLx10本 [指定医薬部外品]

キューピーコーワα ドリンク 100mLx10本 [指定医薬部外品]

 

 

疲れていてやる気の出ない方のために、精神的な疲れに有効な成分、エゾウコギを配合しています。

 

頑張って、仕事に取り掛かりまえに1本摂取すると、カラダが違います。

 

私もダブルワークの休憩にのんでます。

W滋養強壮生薬キューピーコーワαドリンク|疲れにキューピーコーワ

 

アリナミンRオフ

アリナミンRオフ 50ml×10本 [指定医薬部外品]

アリナミンRオフ 50ml×10本 [指定医薬部外品]

 

ストレスで、夜がよく眠れない。明日に向けて元気をつけたい方にオススメのドリンクです。

 

ノンカフェインなので、寝る前に飲んで、疲労回復をはかれます。

 

睡眠するにも体力が必要。そんな不安な方にオススメのドリンクです。

製品情報|アリナミンRオフ|アリナミン

 

これから、質問主さんが、笑って働ける日、きっと来ることをお祈りしております。

 

今日の副業マニア花子の話はここまで。本日もご訪問ありがとうございました。(*^▽^*)

 

この記事は2017年3月19日の記事をリライトしています。

follow us in feedly