働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

伊勢参りに行ったら鳥羽市が大好きになった話。

アラフィフ世代の花子(@a10hon51)です。 

 

今回は、お伊勢参り道中で「鳥羽っていいところだなあ」って…好きになってしまった諸々を書いていきます。

 

石神さんと親しまれる神社

今回の旅行は、ツアーではなく、貸切タクシーの旅。

 

旅行日程は、ざっくりと決めただけで「あとは、現地のタクシードライバーさんのおすすめコースを回る旅でお願いします」って、旅行会社さんが言うものだから…。

 

旅行している私たちも当日になって、どこ行くやら…。ミステリーツアー状態でした。

 

私の『パワースポット好き』を知ってチョイスしてくれた『石神さん

 

この『石神さん』という愛称。看板も全部『石神さん』。そう呼ばれて、昔から親しまれてきたパワースポットらしいです。

f:id:hanak50kamoto:20181110204310j:image

軽自動車1台が通れる程の細い路地を登ります。

f:id:hanak50kamoto:20181110204335j:image

ここにも『石神さん』。

f:id:hanak50kamoto:20181110204210j:image

神明神社の鳥居を越えた先に『石神さん』があります。

f:id:hanak50kamoto:20181110204234j:image

『石神さん』は海女さん達が古くから信仰てきた神社です。

 

女性の願いなら必ずひとつは叶えてくれる」といわれていますが、男性の参拝者も結構いらっしゃいます。

f:id:hanak50kamoto:20181110204444j:image

海女守護のおまじない『ドーマン・セイマン』この紫色の星型が描いてあります。
f:id:hanak50kamoto:20181110204439j:image

このピンクのお願い事の紙に、願い事ひとつだけ書くのです。 私もここでお願い事を書きました。f:id:hanak50kamoto:20181110204837j:image

お願い事を二つ折にして、お願い箱に入れ、お参りしました。

f:id:hanak50kamoto:20181110235059j:image

 

石神さんの御朱印

玉依姫命(たまよりひめのみこと)という女性の神様が祀られているそうです。『石神さん』の印は、なんと紫。赤じゃないんです。めずらしい。(*>∀<)ウヒョ

f:id:hanak50kamoto:20181110204910j:image

鳥居に神明神社と書いてありましたから、神明神社の敷地に『石神さん』が祀られているのですが、御朱印は『石神さん』です。面白いですね。

 

『石神さん』ネットでもTwitterでも有名なパワースポットでした。大手旅行ツアーでは絶対コースにならないからこそ、今回、参拝できたのは、すごく嬉しいです。

石神神社へのアクセス

  • 石神さん(神明神社)
  • 所 在 地 〒517-0032三重県鳥羽市相差町1237
  • 電話番号 0599-33-7453

 

長寿を願う神明神社

『石神さん』の奥に進むと神明神社があります。この神社は長寿の願掛けができます。うちは、ヘビースモーカーの旦那さんの長寿を祈願しました。

f:id:hanak50kamoto:20181110204942j:plain


楠(ナラ)の古木「長寿の木」が祀られています。長寿にあやかろうと皆さん木を撫でます。そのため、古木がツルツル、つやつやになってます。

f:id:hanak50kamoto:20181110204953j:image

古木の幅は1.5m以上ある大木がお堂の中に、祀られています。

f:id:hanak50kamoto:20181110205002j:image

国歌、さざれ石

その隣にひっそりとある『さざれ石』。これには、かなり感動しました。

f:id:hanak50kamoto:20181110205032j:image

『さざれ石』どこかで聞いたことありませんか?このフレーズ。そう。国歌です。

 

君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて こけのむすまで

 

~意味~

君が代は、千年も八千年も(永遠に続くほど)、小さな石が大きな岩になり、さらに苔が生えるくらい、長く長く続きますように。

この歌詞にでてくるさざれ石がこれなんです。

 

細れ石(さざれいし)はもともと細かい石のこと。

 

小さな石から、雨水などで炭酸カルシウム分が溶け出し石同士がくっつき、長い年月をかけて、1つの大きな岩のようになります。それを、さざれ石と呼ぶようです。

 

すごくないですか。生まれて今まで、たいして国歌の意味も分からず、口ずさんできたけど…。

 

この世に、さざれ石が実在することも知らなかった上に、さざれ石の現物と対面できたなんて、言葉にならないくらい感動でした。

 

昇龍の松

『石神さん』の駐車場隣の松の木です。

f:id:hanak50kamoto:20181110205105j:image

雪も降らない地方で、自然に龍のような形の松ができたなんて、本当に龍みたい。逆光で見えにくくてすみません。

f:id:hanak50kamoto:20181110205120j:image

海女文化資料館

『石神さん』の駐車場にある海女文化資料館。中まで入りませんでしたけど。

f:id:hanak50kamoto:20181110210046j:image

漣 ジャンボ海老フライ

伊勢海老は、10月から4月が食べごろみたいです。

f:id:hanak50kamoto:20181110211318p:plain

 

 パールロード鳥羽展望台

鳥羽一郎さんの兄弟酒歌碑があります。鳥羽展望台、絶景です。天気も最高でした。

f:id:hanak50kamoto:20181110205506j:image

365パノラマ写真も絶景。山育ちは海をみると、テンションが異常にあがります。

f:id:hanak50kamoto:20181110205455j:plain
食国蔵王の建物、ここで軽食できます。

本当は…B級グルメの『トバーガー』をここで食べたかったのに。(´Д`υ) 昼ジャンボ海老フライ食べすぎて無理でした。残念です。
f:id:hanak50kamoto:20181110205458j:image

店の前に誰かいる…。近づくと、等身大ポスター。鳥羽一郎さん、いい男ですね。

f:id:hanak50kamoto:20181110205537j:image

鳥羽のパールロードをドライブしていた時、ほぼ寝ていて、景色を見ていないのは、もったいなかったです。

パールロード鳥羽展望台のアクセス

  • 住所 〒517-0031 三重県鳥羽市国崎町字大岳3-3
  • 電話番号 0599-33-6201
  • 営業時間 9:00〜17:00年中無休(臨時休業はあり)
  • アクセス 伊勢自動車道伊勢インターから車で約50分

 

鳥羽市、見どころいっぱい、おなかいっぱい、必ず叶う願い事は一つ。鳥羽市、サイコー!!(*'v`)b

 

田舎人にとって伊勢参りは一世一代の大イベント 

「一生に一度はお伊勢参り」とは言うけれど、田舎人にとっては、一世一代の大イベントなんです。

 

我が家も10年も前から、コツコツと伊勢参りの資金を貯めて、ようやく、今回、事を成すことができました。

 

お伊勢参りに一緒に行って参りに行った夫婦同志を、伊勢っ子と呼びます。兄弟の契りを交わしたのと同じ意味合いになるのです。

 

ですから、葬式や結婚式など、伊勢っ子は親戚兄弟と同じ扱いになります。このように、夫婦数組が一緒に伊勢参りをすることは、すごく重要な意味を持つのです。

 

9月の初め頃、旦那さんの主催の宴会が行われました。そこで急遽、11月の伊勢参りの旅行日が決まりました。

 
一緒に行く村人は、旦那さんの幼馴染夫婦。うちを含め2組の夫婦で、伊勢へ。

 

普段から、気兼ねなく仲良くさせてもらっている夫婦なので、この夫婦と村兄妹になれたのは、すごく心強いです。

まとめ

もし大手旅行会社のツアーではなく、貸切タクシーを利用して、伊勢周辺に行くのなら、是非、鳥羽市をめぐってみることをおススメします。

 

絶景、パワースポット、食。これら全て、満足いくこと間違いなしです。

 

ちなみに、伊勢志摩の貸切タクシー代は1日36,200円。2日で72,400円でした。(旅行会社はタビックスジャパン)

 

今日の花子の旅行記はここまで。本日もご訪問ありがとうございました。(*^▽^*) 

follow us in feedly