働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

ブログ書くなら趣味と実益を兼ねよう。アドセンス審査通過しないブロガー

花子です。

 

市販薬の勉強

本業がドラックストアで登録販売者をしています。簡単に言えばドラックストアの店員の合間に、市販薬のアドバイザーをする仕事です。

 

9月くらいまで、当ブログでは、Googleアドセンスの申請を通過させたくて、薬についての記事はあまり書かないようにしていました。

 

アフィリエイトで薬機法に抵触する案件が多々あり、Googleアドセンスは、健康食品や薬についての記事では、審査が通りにくいと言われています。

 

見事落ちましたけど…。

 

Googleアドセンスの審査を通すなら、「別ブログを立ち上げて一からやる」と決心しました。

 

f:id:hanak50kamoto:20181123104457j:plain

よって、このブログは完全なる趣味ブログの位置づけとなったのです。

 

だから、だれに遠慮することなく、薬の記事を書けるようになりました。

 

薬の記事を読者さん向けに、かみ砕いて書こうとすると、いろいろ調べ物をして書き上げるのに1週間くらいかかりました。

 

わたし、段取りが良くないので余計です。

 

だから、好き勝手な記事を書いて、それに提案できる市販薬を調べて。

 

自分の備忘録のレベルで市販薬のことを書く。

 

登録販売者試験で勉強したことも、忘れているので、追記してます。

 

アドセンス収益が関係ない、趣味ブログなので、一般向けにかみ砕いて、わかりやすく書いてませんけど。ごめんなさい。

 

その方が、ブログも書けるし、市販薬も勉強できるし、一挙両得。

 

クスリに関しては、読者目線じゃないけど、当分このスタイルにしてみようと思ってます。

 

でも、こんな薬があるんだ‥‥とか、このメーカーだと、こういう薬として出しているんだ。とか、日々発見です。

 

クスリの成分などは、膨大な種類があります。

 

それを日々、目にして「これなんだっけ」をスラスラ思い出せる訓練を、ブログを書きながら行ってます。

 

滑舌と声を出すこと

ブログは6割ぐらいは音声入力でつくっています。そのおかげで、今月30記事更新できそうです。

 

ブログ書き始めて1年7ヵ月の今月、初の毎日更新できる月になりました。

 

これもアドセンス審査を通過させるための、記事作成をやめたから。

 

審査とか、何も遠慮せずにブログを書くようになって、毎日更新ができるようになったのも一理あると思います。

 

習慣化するまでは、大変。でも習慣化できれば、それが日常になるんですけどね。

 

話はそれましたが…本題に戻って。

 過去記事に、声量がないことを書きました。

 

プラス。レジ打ちをしていると「はッ?」とお客様に聞き返されことが多々あります。

 

例えば…「ポイントカードはございますか?」とか「アイスにスプーンはお付けしますか?」とか。

 

声量がない上、滑舌が良くないのだと思います。

 この過去記事でも、音声入力で、変な訛りが、変な漢字になって出てくる話を書いています。

 

どうせ音声入力でやるなら、ただやるより、滑舌を意識して、はっきりと話すことに注意して、やるようにしてみました。

 

私は多分、口を大きく開けて話さないのだと思います。気持ち大きく開けて、音声入力したら、キチンと変換してくれました。

 

自分の話し方、よほどのことがないと意識しないですからね。

 

相手(音声入力アプリも含む)にわかるように伝える。

 

これ、ドラックストア店員としてすごく、大切なこと。まして薬の説明をするのですから、特に。

 

だから、ブログの音声入力の時間に、自分の滑舌の練習と、発声の練習を最近はしています。

 

ADHDという特性

みなさまもサラリーマンブロガーOR本業があってのブログ執筆が多数でしょう。

 

時間調整や配分しながら、ブログをされていると思います。

 

私はADHDという脳の特性を持っていまして…。

 

過去記事:

ADHD、料理が嫌いにならないための工夫。

抜粋↓

①時間配分ができない。遅刻ぎみ。
②忘れ物、失くし物が極端に多い。
③片付かない
④段取り、効率考えられない
⑤動き出しが悪い。
⑥優先順位が決められない

 

特徴として、時間配分ができないため、効率よく考えることが難しいです。

 

そのため、ブログ執筆に熱中しすぎると、ブログ以外のことが疎かになってしまいます。

 

登録販売者の勉強もしたいけど、

ブログを書きたい
(。≧ω≦)ノ

 

段取りが苦手なので、マルチタスク出来にくい脳ミソをもつ私。

 

実益を兼ねたブログ執筆について書いてみました。

 

さいごに

趣味として割り切ったブログなら、なおさら、実生活にも活用できる方法でブログを書く話でした。

 

今日の花子の話はここまで。本日もご訪問ありがとうございました。(*^▽^*)

 

登録販売者ワンポイント

『アフロ先生と学ぶ登録販売者合格テキスト』より

3-27滋養強壮保健薬

 

ビタミン剤。

ビタミンA…レチノール〇〇〇、脂溶性

ビタミンB1…〇チアミン〇〇〇、水溶性

ビタミンB2…リボフラミン〇〇、水溶性

ビタミンB6…ピリドキ〇〇〇、水溶性

ビタミンB12…〇コバラミン〇、水溶性

ビタミンC…アスコルビン〇、水溶性

ビタミンE…トコフェロール〇、脂溶性

ビタミンD…〇カルシ〇、脂溶性

 

プロビタミンB5…パンテノール、水溶性

【作用】

皮ふを細胞から活性化し、肌そのものをかゆくなりにくくしていく特長を持つことから「かゆみ肌」を元から治療するのに適しています。

 

また、パンテノールは肌荒れ、小じわ、かぶれ、日焼け防止作用もあります。

 

パンテノールは浸透しやすく保湿効果があることから、ヘアケア製品、さらに目薬やドリンク剤など、身近な製品にも多数配合されています。

 

また、肌そのものの修復力を高め、回復を早めることから、ひび・あかぎれ治療薬『ヒビケア』に配合されています。

  

もし、興味があれば、アリナミンなどの栄養剤の裏の成分表を見てみて下さいね。

 

 

 

follow us in feedly