働くこと、時々、自律神経のことを考える。

転職マニア&Tポイント収集家。著者はADHD発症中の登録販売者です。働くこと、薬と健康のこと、雑記もあります。

2018年 今年の漢字。平成最後の年に何選ぶ。

花子です。

 

12月12日14時。『今年を表す漢字一文字』が、清水寺で発表されます。

 

毎年、何が選ばれるか注目されています。

f:id:hanak50kamoto:20181211195610j:image

 

年の初めに『今年の漢字』を決める

わたしの場合、

毎年…年の初めに『MY今年の漢字』を決めています。いわゆる抱負みたいなものを、漢字一文字にするんです。

 

でも、毎年12月になって、振り返ると年初めに決めた「漢字一文字」とは、すこしズレが出てきてしまいます。

 

ですから12月には、もう一度、よくよく一年を振り返ってみてから「漢字一文字」を考え直します。

 

年の終わり。12月12日までに、MY今年の漢字を決定して、それを毎年Facebookに掲載し続けています。

 

気が付くと、MY今年の漢字発表も、今年で6年目になるんです。

 

私、かなり紆余曲折の人生でしたので、過去分のMY今年の漢字を自分で見返すだけでも…、遍歴を感じて、楽しいです。

 

2018年の当初。MY今年の漢字には「」という抱負をイメージしていました。

 

仕事面。

 

スタッフがバタバタと負傷して、プラス退職したりと…人員不足の中で仕事をこなし、かなり体力的につらかった時期です。

 

体の無理がきかず、朝起きれないこともありました。

 

だから、まず、第一に仕事を続けること。辞めないこと。

 

次にブログ。

 

去年ブログを立ち上げたのに…。アドセンス審査が通過しないことにショックを受けて、ブログを約1年放置。

 

やるって決めたなら、『続ける』って決めなさい!。途中で投げ出さない。やるって決めたんでしょ。」

 

ムスメから叱咤され今春から再開したブログ。 

 

そんなわけで。ブログを続けるのが第二の目標でした。書けない日があっても、書くのをやめないこと。

 

今年の自分を振り返るのに有効なのはスマホ画像

とりあえず「仕事を続ける」、「ブログを続ける」は、辞めなければ、続けているわけで。

 

目標としては、最小値設定と言ってもいいでしょう。

 

今年を振り返る時、有効な手段は、スマホの画像を見返すこと。

 

スマホの画像を見れば、こんなことした、あんなことした。一瞬で振り返ることが出来ます。

 

過去記事ブログで1年を振り返るとすると、時間かかるし。

 

さらにブログでは、プライベートなことは、かなりぼやかして書いています。

 

自分の今年1年間を振り返る手段としてブログは、あまり有効ではありません。

 

やっぱり、自分の1年を振り返るのは、スマホ画像をチェックするのが一番。手っ取り早くて、効率的なのです。

 

1年を振り返った結果を改めて漢字一文字で表現する。

スマホの画像を見返してみると…。今年1年いろいろあって。

 

年初の「続」という漢字だけでは、なんだか物足りなく感じて…。しっくりこないんです。

 

MY今年の漢字、修正版

 ↓↓Facebook投稿画面より。 

----------------------------------------f:id:hanak50kamoto:20181211211840j:plain

 今年の漢字を決定した理由

 ①インスタグラマー講習会に参加して、キレイ系画像を撮影する技を身につけた。

 

インスタグラマー講習会に参加して、撮影画像のクオリティーは、参加前と比べて格段に上がりました。

 

私の場合は、iPhoneで撮影することにこだわって、画像加工するようになりました。

 

スマホでの撮影のポイント&加工アプリの使い方を習得できたのは大きな収穫でした。

 

5月のこの時期は、まだまだTwitterとかもあまり使いこなしてなくて。ハッシュタグとか、よく理解しないまま使ってました。

  

私が「講習会に参加して、最も良かった」と思えたことは、ハッシュタグの使い方を習得て来たことです。

 

これによって、全国の登録販売者の人たちや、地元のキレイ系画像好きな人、秘境パワースポット好きな人、カゴバック作家さん等々

 

自分の興味、関心のあることや、仕事の同志と繋がれたのは大きいです。…お陰で、ブログ身バレの原因となってしまいましたが。 

 

趣味で撮影していた画像。ブログを書くことで、新たな息吹を吹き込むことができる。

 

画像で1年を振り返ると「これもブログネタに使える」。思い出とともに、スマホに保存してあった画像をブログでお披露目するアイデアも浮かんできます。

 

ひとりでフラッと出かけたときに撮影した画像。これもブログで紹介することで、穴場の観光スポット情報になったりします。

 

当ブログ観光スポット情報などを知人に教えてあげると、逆に「〇〇に行って見たら。」と、こちらにも新たなスポット情報がもらえたり。

 

普通は、自分のスマホに保存しておくだけの写真。

ブログを通して人の目に映ることで、たくさんの情報や励ましといった副産物が私のもとに届くようになりました。

 

ブログを書くことで、彩や感謝のアンテナが頭の中で働くようになった。

 

普段の何気ないことも、全てが取材対象になります。それこそ、ブログを書くことで、モノクロだった生活に「彩り」を手に入れた感覚です。

 

これは脳内改革という言葉で表現すればいいのか、ふだんの生活の意識が変わりました。

  

何気ない草も木も、太陽も雨も、いとおしく感じるようになりました。

f:id:hanak50kamoto:20181212082348j:image

この無収入ブロガーでも、ブログに打ち込む私を、温かく見守ってくれる家族にも感謝するようになりました。

 

 一枚の画像、ブログ一記事が、いろいろなヒントを与えてくれるきっかけになったりするんです。それこそ「彩り」が加わった年でもありました。

 

④ブロガーさん達とのつながり。

 

ただ、黙々とブログを書き続けると修行僧のよう。ほんとに毎日ブログを書きつづける行為は、修行と呼ぶのにふさわしい行為かもしれません。

 

ブログを続けるうえで、支えになってもらっていたのが、ブロガーさんの交流。

 

スターマークで、元気をもらってました。(*^▽^*)

 

月末のブログ運営報告…みんなの見ると…。すごい読者数、アクセス数があり、ビックリします。

 

わたし、公表していませんが、読者50人未満です。はてなブログからの流入が、ほぼない当ブログ(笑)。年代層がマッチしていないのか。内容がマッチしないのか。

 

趣味ブログの立ち位置なので、「自分は大器晩成型」といい聞かせて、焦らずポチポチ、ブログ執筆を続けています。

 

⑤登録販売者の勉強

 

ブログの最後に、OTC医薬品の自分勉強メモ…載せてます。

 

これも、続けると、知識になるし。知識の引き出しが増えると、自信が出てきます。

 

まだまだ、ですが。46歳これから成長盛りです。

 

読者さんから「薬のサイトってなると、検索して見つけて読むもの」だけど、ブログの最後にサッと書いてあると「へー。」ってなる。と、言われたので、サラッと書いてます。

 

 あれも、これもやりたい私の勉強法。1日15分の積み重ねで、知識に奥行きをつけていきたいです。

 

 2013年~2017年のMY今年の漢字 

f:id:hanak50kamoto:20181211194327j:image

 さいごに

ちょっとしたきっかけで、生活に「彩り」がプラスできたと感じた花子の1年を振り返った話は、ここまで。

 

本日もご訪問ありがとうございます。(*^▽^*)

 

登録販売者試験合格後
の市販薬勉強

点鼻薬。最近、売れてます。

 

市販の点鼻薬は、病院から処方される点鼻薬とは違って、注意点があるから、わかってほしい。

 

依存性あります。乱用、常用厳禁です。

 

鼻詰まりにナザールスプレー 

 ●注意事項

①長期連用はしないこと。4日以上使用して改善が見られない時は、病院受診をおススメします。

 

②使用前に専門家へ相談したほうがいい人

高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害、緑内障、妊婦

 

③7歳未満は使用できません。

 

1日の使用回数は6回を限度として鼻腔内に噴霧してください
なお、適用間隔は3時間以上おいてください

 

●成分・分量 100mL中

 

〔成 分〕 ナファゾリン塩酸塩
〔分 量〕 50mg
〔働 き〕 アドレナリン作動成分 鼻腔内の血管を収縮させ、うっ血や炎症を抑え、鼻づまりを改善します。

(使いすぎによる二次充血(症状悪化)に注意する必要があります。)

 

〔成 分〕 クロルフェニラミンマレイン酸塩
〔分 量〕 500mg
〔働 き〕 抗ヒスタミン剤。アレルギーによる鼻づまり、鼻水を楽にします。

 

〔成 分〕 ベンザルコニウム塩化物
〔分 量〕 10mg
〔働 き〕 殺菌作用により、細菌による鼻粘膜の炎症を抑えます。

 

dokugaku.info

 

アドレナリン作動成分とは…

交感神経を刺激する成分を指し、
・瞳孔散大
・血圧上昇
・心機能亢進・末梢血管収縮
・気管支拡張・血糖値上昇
などのはたらきがあります。


アドレナリン作動成分は、内服ではかぜ薬、鎮咳去痰薬にも配合され、気管支を広げてせきを鎮める目的でも使われています。

 

また、上記のはたらきから、
・高血圧の人:血圧の上昇
・糖尿病の人:血糖値の上昇
に注意が必要です。

 

follow us in feedly